大会の主催と主管

名古屋の弓道発展と弓道愛好家の増加を願って、名古屋遠近的弓道選手権大会と名古屋年代別弓道大会等の競技会を主催するほか、所属支部の一層の奮起を願って支部団体対抗戦を開催しています。

生涯スポーツとしての名古屋ねんりん弓道大会は、名古屋市健康福祉局のもと長寿社会を健やかで明るいものとするために健康づくりや社会参加に取り組むことを目的として実施して おり、成績優秀者は「全国健康福祉祭(ねんりんピック)」の名古屋市代表として出場できます。

また、大学生の有能な選手の発掘および大学生の弓道人増員を目的としてナゴヤユニバーシティカップを主催しているほか、大学生の支援策として、東海学生弓道連盟主催の大会を後援をしています。

ジュニア層(18歳以下)における弓道の発展は名古屋スポーツ少年団を結成し、育成を図っています。

名古屋市、名古屋市教育委員会等が主催する試合については、所在地を統括する団体として事業を主管するなど、名古屋地区の弓道の発展を願って各種大会を実施しているところです。

 

自主研修会

五段及び称号受有者の技能向上のために体配、射術等を勉強し、実力の養成をはかり、指導者として範示できるようにすることを目的とし、体配と射が渾然一体となって、少しでも早く昇段、昇格できるようにとの願いを込めて行っており、 教士六段・七段の部、錬士六段の部、錬士五段の部、五段の部に別れそれぞれ8月頃に実施しています。

 

女子勉強会〈錬士六段以上〉

名弓協の女子が自主的に勉強会を開き、射法・射技の基本、体配の研修、襷さばき及び着装などを「優雅のうちに容姿凛然」へ近づけるように相互の研鑽に努め各道場の後輩へ伝達し、また指導者として弓道の雑学についても勉強する目的で行っています。

 

指導者養成講習会

優秀な指導者の育成を図り、指導力、競技力の優れた人材を作ることが目的で、高い水準での競技会を運営できるように養成しています。

 

青年部

若い世代の育成と弓道を通じ徳育的な教育をすること、弓道の発展の基礎づくりと有能な選手の育成を行うことを目的として、概ね20〜40歳の会員から構成して おり、1月に1回程度、射技・体配・歴史・道具の手入れ等幅広い内容で研修教学を中心に錬成会を行っています。

 

スポーツ少年団

若い世代の育成と弓道を通じ徳育的な教育をすること、弓道の発展の基礎作りと名古屋市内の小中学生・高校生の弓道人増員を目的として、小学生から18歳まで(但し身長120cm以上で学校において弓道のクラブ活動を行っているものを除く)の会員から構成しています。
(活動場所は東支部(北少年団)、南支部(南少年団)、瑞穂支部(東少年団)、中村支部(西少年団)の4か所です。)
 ※スポーツ少年団の概要は、財団法人日本体育協会のホームページに掲載されています。

 

名古屋ねんりん事業

名古屋市民である、60歳以上の弓道愛好家で構成し、生涯スポーツの弓道を楽しみながら親睦を図ることを目的としています。